News
薬を飲む男性

プロペシアの価格が高いのは、健康保険が適用されないからに他なりません。
個人輸入でプロペシアのジェネリック医薬品を購入すればプロペシアを購入するより安く済むのですが、通販で購入するのにはすこし抵抗がある・ちゃんと病院で医者の人に見てもらいたいなど思う人もいるでしょう。
その際はやはり自分の足で病院に行く必要があります。
プロペシアは病院に行って処方してもらうことができるためきちんとした薬であることに変わりはないのですが、他の薬と異なって健康保険が適用されないため患者の全額負担となり、割高になってしまう傾向があります。
しかし、それによってプロペシアの効果が否定されることはありません。
世界中で実績を残している立派な若ハゲに対する有効な治療薬なのです。

プロペシアは、先天的な男性ホルモンによって男性型脱毛症を発症させている人に対する治療薬として処方されることになります。
男性は、男性ホルモンが多い人ほど将来的に髪の毛が抜けてしまう傾向にあります。
実は、こうした傾向は後天的な社会的な生活におけるストレスとは全く別の要因であるため、後天的なストレスを排除したとしても抜け毛や薄毛が収まるわけではないのです。
そのため、きちんとした処方箋によって症状を治療しなくてはいけません。

男性型脱毛症を発症させているのは、男性ホルモンが持っている抜け毛の原因を作ってしまう特定の物質です。
この原因物質のことをDHTといいます。
プロペシアは、この男性型脱毛症の原因となっている物質であるDHTを作らせないようにすることができます。
抜け毛の原因となる物質を抑制することができれば、髪の毛の成長期が長くなり、太く丈夫な髪の毛が生えてくることになるため、非常に効率的な治療を行うことができるのです。
プロペシアは、継続的に服用する必要がある薬で、一年間投与し続けるだけで抜け毛の原因となって物質の約6割を抑えることができ、三年以上継続すれば約8割の割合で抑えることができるのです。
薬の服用によって劇的に髪の毛を生やすことができるようになります。